HOME産業・仕事入札・契約中間前金払制度について

中間前金払制度について

中間前金払とは

既に前金払(契約金額の10分の4以内)をした工事において、一定の要件を満たしている場合に、保証事業会社との保証を締結した上で契約金額の10分の2を超えない範囲内の前金払を追加で支払うものです。

対象となる工事

1件の契約金額が50万円以上の工事のうち、当初の前金払の支払いを既に受けている工事が対象です。(土木建築に関する工事の設計及び調査並びに土木建築に関する工事の用に供することを目的とする機械類の製造を除く。)

(注釈)平成30年4月1日以後に契約を締結する工事等から適用となります。

中間前金払ができる要件

次の要件をすべて満たしていることが必要です。

  1. 工期の2分の1を経過していること。
  2. 工程表により工期の2分の1を経過するまでに実施すべきものとされている当該工事に係る作業が行われていること。
  3. 既に行われた当該工事に係る作業に要する経費が契約金額の2分の1以上の額に相当するものであること。

中間前金払に関する要綱等

カテゴリー

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ

    このページのトップへ

    このページのトップへ

    お知らせ

    入札・契約

    くらしのガイド