常設展示

りんごを描いた芸術品の数をお楽しみ下さい

りんご博物館内の両側の壁にりんごを描いた芸術品が展示されている様子

グランドピアノがある部屋。ピアノの奥の壁に収蔵作品が展示してある様子。

収蔵作品の紹介

安岡明夫作『リンゴの里』という墨彩画が展示されている様子

『リンゴの里』安岡明夫 墨彩/和紙
昭和9年、高知に生まれた安岡は、百貨店、NHKなどを経て、大宅壮一に師事、時事漫画家として活躍。阪神大地震の被災を機に、飯綱町三水地区にアトリエを移した。鋭い観察力で捉えた対象を、繊細さと大胆さを兼ね備えた描法で表現する彼の創作は油絵、墨彩画、陶芸と幅広い。子どもの頃から、りんごや雪に強く憧れたという安岡が描く飯綱町の風景には、人の営みがある。美しいだけの、作られたふる里はない。この墨彩画もまた、観る者が勝手に曲をつけて歌い出す。もうひとつのふる里を想起させる。

 

上映案内

黄色いりんごの中に「APPLE THEATER」と描かれたイラスト萩原朔美の初期の傑作『TIME時の指紋』りんごがゆっくりと朽ちていく様相

『TIME +時の指紋』
映像作家・萩原朔美の初期の傑作。1個の紅玉を1年間スチルカメラで撮影し、それを16ミリ・ムービーカメラで再撮影したもの。ただゆっくりと朽ちていく様相が、なんだか人間の老いのプロセスに見えてくる。

 

エントランスから広がる休憩所の写真

エントランスから広がる休憩所でごゆっくりおくつろぎ下さい。

 

カテゴリー

閲覧履歴

このページのトップへ

このページのトップへ

お知らせ

イベント

入札・契約

くらしのガイド