HOME健康・福祉高齢者福祉国民健康保険高齢受給者証
HOMEくらし・手続き年金・保険国民健康保険高齢受給者証
HOMEくらしのガイド福祉・介護国民健康保険高齢受給者証
HOMEくらしのガイド税金・国民年金国民健康保険高齢受給者証

国民健康保険高齢受給者証

国民健康保険に加入している70歳以上75歳未満の方には、保険証とは別に高齢受給者証を交付します。
医療機関には、「保険証」と「高齢受給者証」を提示して一部負担金(2割または3割)で医療を受けることになります。

高齢受給者証の交付

満70歳の誕生日の翌月1日から適用となります。
(1日生まれの方はその月から有効)

一部負担金の割合

高齢受給者証に記載されている一部負担金の割合は次の基準で決まります。
同一世帯の70歳以上75歳未満の国民健康保険被保険者全員の中に一人でも基準額(町民税の課税所得〈課税標準額〉が1,450,000円)以上の方がいる世帯に所属する70歳以上の方は「3割負担」、基準額以上の方がいない場合は「2割負担」となります。
ただし、基準額以上でも70歳以上75歳未満の国民健康保険被保険者の収入額の合計が一定基準未満の方は、申請により「2割負担」となります。(70歳以上の方が2人以上の場合は5,200,000円、1人の場合は3,830,000円)
また課税所得が1,450,000円以上で収入が3,830,000円以上の方でも、旧国保被保険者との収入の合計が5,200,000円未満であれば、申請により「2割負担」となります。

旧国保被保険者とは

後期高齢者医療の被保険者の資格を取得した日において国民健康保険の被保険者であった方。

高齢受給者証の期限

高齢受給者証は毎年8月に切り替わるため、7月31日までの有効期限となっています。
(年度の途中で75歳になる方は誕生日の前日まで)
保険証の有効期限とは異なりますので、ご注意ください。

カテゴリー

閲覧履歴

このページのトップへ

このページのトップへ

お知らせ

イベント

入札・契約

くらしのガイド