HOME子育て・教育赤ちゃんが生まれたら産婦健診を受けましょう
HOMEくらしのガイド妊娠・出産赤ちゃんが生まれたら産婦健診を受けましょう
HOME子育て・教育母子の健康・予防接種赤ちゃんが生まれたら産婦健診を受けましょう

赤ちゃんが生まれたら産婦健診を受けましょう

お知らせ

 赤ちゃんを出産したお母さんの心と体は、出産の負担やホルモンバランスの変化によって、普段と異なる状態になります。出産後は、産婦健診を受け、心と体の状態を確認することが大切です。赤ちゃんを出産したら、産婦健診を受けましょう。


 町では産婦健康診査(出産後間もない時期のお母さんのこころとからだの健康状態を確認するために受ける健診)にかかる費用を助成します。ご自身でも気づかない産後うつなどの兆候を早期に発見し、必要に応じて専門的な支援を行います。

 

■対象者

平成30年10月1日以降に出産された方
※対象者へは、妊娠届け出時に産婦健康診査受診票を交付します。


■健診内容
問診、診察、体重・血圧測定、尿検査、エジンバラ産後うつ病質問票による問診
 

■受診場所

受診票は「県内の受診票を使用できる医療機関や助産所」で使用することができます。
(飯綱町近隣のお産を扱っている産婦人科(助産所)では概ね受診票を使用できますが、確認のため出産された医療機関や助産所へ受診票が使用できるかどうか、お問い合わせください。)

※県外の医療機関で産婦健康診査を受診される方は、受診後に補助金を申請することができます。受診票に記載の診査項目全ての診査ができることや、受診結果を提出するなどの条件がありますので詳細は事前に健康推進係へお問い合わせください。

 

■助成額・回数
助成額:1回につき上限5,000円。 

※助成の対象は、受診票記載の健診項目に限ります。助成額を上回った費用については自己負担となります。

回 数:2回(産後2週間・産後1か月頃)

※この時期を過ぎての受診も可能ですが、産後8週間までの期間で受診することをお勧めしています。

 

■情報提供について

受診票の同意書欄に署名(自署)をしていただくことにより、診査結果が町に情報提供され、必要に応じて町の保健師からご連絡させていただく事があります。

カテゴリー

このページのトップへ

このページのトップへ

くらしのガイド