鉛管対策

鉛管対策について

鉛管は、柔らかく施工性に優れているため給水管の取り出し部分や水道メーター周りなど広く利用されてきましたが、平成15年4月から鉛の水質基準が1リットル当たり0.01ミリグラムに強化され、町では下水道の整備や配水管の更新工事が実施された地域では本管工事に併せてポリエチレン管等に交換しております。

給水管の一部に鉛管が使用されているお宅では、長時間水道を使用しなかった場合には、水質基準を超えて溶出する可能性がありますので、朝一番や長期間水道を使用しなかった場合には、バケツ1杯程度の水は飲料水以外に使用ください。

カテゴリー

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ

    このページのトップへ

    このページのトップへ

    お知らせ

    イベント

    入札・契約

    くらしのガイド