日本脳炎

日本脳炎とは

日本脳炎は、豚の中で増えた日本脳炎ウイルスが蚊(か)によって人に媒介することで感染します。7~10日の潜伏期間の後、高熱、頭痛、嘔吐、意識障害、けいれんなどの症状を示す急性脳炎になります。
流行は、西日本地域が中心になりますが、ウイルスは、北海道など一部を除く日本全体に分布しています。この地域で飼育されている豚での流行は、毎年6月から始まり10月まで続きますが、この間に80%以上の豚が感染しています。好発年齢は予防接種をしていない高齢者です。以前には、幼児、学童に好発していましたが、予防接種の普及で減っています。
感染者のうち、100~1,000人に1人が脳炎を発症します。無菌性髄膜炎や夏風邪様の症状で終わる人もあります。脳炎にかかった時の死亡率は約20%~40%ですが、神経の後遺症を残す人が多くいます。蚊を絶滅させることや豚すべてに免疫をつけることは不可能ですので、ぜひ予防接種をうけておきましょう。

日本脳炎ワクチンについて

乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンは、ベロ細胞という細胞でウイルスを増殖させ、ホルマリンなどでウイルスを殺し(不活化)、精製したものです。

標準的には、6日~28日の間隔を置いて1期初回接種(2回)を接種し、おおむね1年後に追加接種をします。

おおむね5年後に2期の接種をします。

対象者

  • 第1期
    年少相当~7歳6か月未満(町では年少児からご通知をしています。)
    (注釈)平成19年4月1日以前生まれで3回未接種の方(20歳未満)
  • 第2期
    平成13年4月1日以前生まれで4回目未接種の方(20歳未満)

副反応

現在使用されている乾燥細胞培養日本脳炎ワクチンは生後6ヵ月以上90か月未満の小児で発熱、咳、鼻漏、注射部位紅斑等が認められています。いずれも副反応のほとんどは接種3日以内にみられています。

カテゴリー

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ

    このページのトップへ

    このページのトップへ

    お知らせ

    入札・契約

    くらしのガイド