HOMEくらしのガイド妊娠・出産B型肝炎予防接種
HOMEくらしのガイド子育て・学校B型肝炎予防接種

B型肝炎予防接種

新しい定期予防接種が始まります

平成28年10月1日から、定期予防接種にB型肝炎が追加されました。

対象者

10月以降の生まれの方には、新生児訪問の際にお渡しする「すくすくファイル」に、予防接種の説明や予診票をファイルしてお渡しします。

対象年齢

1歳未満

定期接種の対象は平成28年4月1日以降に生まれた人で、1歳の誕生日の前日まで受けることができます。

母子感染予防として、B型肝炎ワクチンを接種している人は対象外です。

  • 1歳を過ぎてもB型肝炎予防接種を受けることはできますが、任意接種(有料)となりますのでご注意ください。

接種回数

27日(4週)以上の間隔で2回、さらに1回目の接種から139日(20週)以上経過した後に1回、合計3回接種します。なお、既に任意接種(有料)を受けている場合、定期接種との合計が3回になるように受けます。

注 既に任意接種を受けている分の接種費用の還付はありません。

その他

特に平成28年4月、5月生まれのお子さんは、接種スケジュールが過密になりますので、早めの接種をお願いします。

標準的な接種の例


生後6月から1歳の誕生日の前日までに27日(4週)以上の間隔で2回、さらに1回目の接種から139日(20週)以上経過した後に1回、合計3回接種します。

関連情報(外部リンク)

カテゴリー

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ

    このページのトップへ

    このページのトップへ

    お知らせ

    イベント

    入札・契約

    くらしのガイド