HOME記事生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画について

生産性向上特別措置法に基づく導入促進基本計画について

飯綱町では、生産性向上特別措置法(平成30年6月6日施行)に基づく「導入促進基本計画」を策定し、平成30年7月24日付で国の同意を得ましたので公表いたします。

 

飯綱町導入促進基本計画

飯綱町導入促進基本計画 (PDF 526KB)

【基本計画の概要】

(1)労働生産性に関する目標:年平均3%以上向上すること

(2)対象地域:町内全域

(3)対象業種:全業種

(4)導入促進基本計画の期間:国が同意した日から3年間

(5)先端設備等導入計画の計画期間:3年間、4年間、5年間

 

先端設備等導入計画

「先端設備等導入計画」は、生産性向上特別措置法において措置された、中小企業・小規模事業者等が、設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画です。

中小企業の皆様は、町の導入促進基本計画に沿った「先端設備等導入計画」を策定し、町から認定を受けることで税制支援や金融支援などの支援措置を活用することができます。 

先端設備等導入計画策定の手引き

支援内容

○生産性を高めるための設備を取得した場合、固定資産税の軽減措置により税制面から支援 

飯綱町では、認定を受けた「先端設備等導入計画」に基づき一定の要件を満たした設備を導入した場合、当該償却資産に係る固定資産税の課税標準を3年間ゼロに軽減します。

※固定資産税特例を受けるための要件については、先端設備等導入計画の認定要件と異なりますのでご注意ください。

 詳細については中小企業庁ホームページをご覧ください。

○認定事業者に対する一部補助金における優先採択(審査時の加点)

○計画に基づく事業に必要な資金繰りを支援(信用保証)

 

生産性向上特別措置法に関するリンク

生産性向上特別措置法に関する詳細や先端設備等導入計画等の様式につきましては、下記リンクをご覧ください。

【経済産業省HP】「生産性向上特別措置法」が施行されました

【中小企業庁HP】経営サポート「生産性向上特別措置法による支援」

カテゴリー

閲覧履歴

このページと関連性の高いページ

このページのトップへ

このページのトップへ

お知らせ

イベント

入札・契約

くらしのガイド