HOME健康・福祉骨髄移植等により、定期予防接種の再接種が必要な方への任意予防接種費用を助成します。
HOME健康・福祉健康増進骨髄移植等により、定期予防接種の再接種が必要な方への任意予防接種費用を助成します。
HOME健康・福祉予防接種骨髄移植等により、定期予防接種の再接種が必要な方への任意予防接種費用を助成します。

骨髄移植等により、定期予防接種の再接種が必要な方への任意予防接種費用を助成します。

お知らせ

 小児がん等の治療を目的とした造血細胞移植(骨髄移植、抹消血幹細胞移植、臍帯血移植)により、移植前に接種した定期予防接種の免疫が消失した可能性が高く、ワクチン再接種が必要と医師が認めた20歳未満の方に再接種費用を助成します。

 

■助成対象者

・造血細胞移植により、移植前に接種した定期の予防接種ワクチンの免疫が消失した可能性が高く、再接種が必要と医師が認める方。

・予防接種を受ける日において20歳未満で町内に住所を有する方。


■助成の対象となる予防接種

・定期の予防接種A類のワクチン再予防接種であること。

・再予防接種が必要と医師が認める予防接種であること。

・平成31年4月以降の再接種であること。


■予防接種の流れと申請について

※ 助成を希望される方は事前に保健福祉課健康推進係(253-6841)までご連絡ください。

・再接種の予診票は医療機関のものを使用し、接種費用は医療機関窓口で一旦お支払いしてください。

・領収書及び明細書は必ず保管しておいてください。

・助成金は償還払いになりますが、助成額には上限があります。

・申請書は、再接種した日から1年以内に提出してください。

【提出書類】

・飯綱町骨髄移植等によるワクチン再接種費用助成金に関する主治医意見書(様式第2号)

・母子健康手帳(ワクチン再接種が必要となる以前の定期予防接種の履歴が確認できるものに限る。)又は当該履歴が確認できるものの写し

・ワクチン再接種費用の領収書及び明細書の原本(助成対象者の氏名、接種日、ワクチン名、料金及び医療機関名が記載されたもの)


■その他

 再接種は予防接種法に基づかない任意の予防接種になり、ワクチン接種によって入院治療が必要な健康被害が発生した場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済制度の対象になります。


■申請様式など

申請書.pdf (PDF 90.1KB)

主治医意見書.pdf (PDF 109KB)

請求書.pdf (PDF 103KB)

提出先・問合せ先 ; 飯綱町 保健福祉課 健康推進係 (電話253-6841)

 

カテゴリー

このページのトップへ

このページのトップへ

くらしのガイド